頬のたるみ改善や豊胸で魅力溢れる女性を目指す【レディーの救世所】

若々しさを取り戻す

相談

頬のたるみというのは年齢を感じさせるもので、実年齢よりも老けて見られてしまうこともあるのです。
そういったこともあり、美を追求する女性にとって頬のたるみは厄介なもの。
ですが、そんな頬のたるみは美容外科やクリニックで施術を受けることによって改善が期待できます。
ここでは、美容外科やクリニックで行われている頬のたるみに効果があるとされる施術について紹介していきます。

美容外科やクリニックでは、頬のたるみ治療としてお肌に高周波などをあてる照射治療や糸を使った治療、注射治療などが行われています。
ですから、頬のたるみ治療を考えている人は、まずそれぞれどのような治療なのかを把握しておきたいところです。
まず、光を照射する治療として代表的なのはサーマクールです。
この治療では、お肌に高周波を照射することでお肌のハリに欠かせないコラーゲンの生成を手助けします。
それにより、頬のたるみを改善しながらみずみずしいお肌も手に入れることができるのです。
サーマクールは美肌を維持することができ、さらにメスを使わずに受けられる治療ということで安全性も高いといった魅力があります。

サーマクール以外にも、メスを使わずに頬のたるみを改善できる代表的な治療がフェザーリフトです。
この治療では、医療用の糸を使って頬のたるんだ部分を引き上げて頬のたるみを改善していきます。
サーマクールの場合には、効果の持続期間が半年~1年と言われるのに対し、このフェザーリフトなら4~5年持続しますので、少しでも長い期間リフトアップをしたいという場合には、フェザーリフトを選択するのがおすすめです。

頬のたるみ治療を受けたいと考える人のなかには、なるべく安い費用でかつ痛みの少ない治療を希望する人もいるでしょう。
そんな人におすすめなのが、ヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸注入では、頬にヒアルロン酸注入をしていくだけの簡単な治療で、痛みに関しては注射をする際のチクッとする程度ですから、耐えられないというものではありません。
効果の持続期間は半年~1年とそれほど長くはありませんが、頬のたるみ改善に初めて挑戦する人は、ヒアルロン酸注入から行ってみるというのも1つの手です。